12.15.2016

【新聞読み方講座】 終了しました

新聞読み方講座、終了しました
子供たちがいるなかでお母さんたちは真剣に・・
(でも、お子さま方のおかげで場の包容力があがるそうですよ!
お子連れがあたりまえの世の中になりたいものです~)

私が前に受講したものから、すこしパワーアップした感じ。
ガレイさん、変化し続けているなーと思いました。

テンポよく、積極的×受動的に。
読まなきゃとおもった日は読まない~!
読みたい!とおもうようになればしめたもの。

そして、アンテナは、はればはるほど広がっていく、
脳が広がっていくのだそうです。
知りたい!とおもったことは脳が勝手に探しにいくみたい!

赤ペン方法は、新聞だけではなくいろんなものに多用できると思いました。
子供と一緒に本を読んだり。

自分が赤ペンを引いたとこには意識がおちているようなのですね。
私は今、新聞をゆったりと広げる時間があまりないので、子供と一緒に「犬はいるかな、自動車いるかな~」などと言いながら全面をざっと見たりしています。→娘にとっても、新聞を広げている、というのがあたりまえになっていけば面白いのですが。


優しいご指導のおかげで皆さんコツをつかんだようです

会のあとはフルーツを囲んでちょっとお話。
美味しい食は場を豊かに。。


ガレイさん、ありがとうございました!

参加された皆様も本当にありがとうございました。
(そして待っててくれたお子さま方にも大きな感謝を!)


また次に繋げていければとおもいます。

12.06.2016

追記・・【社会の時間】新聞読み方講座 by座間宮ガレイさん!

私が講座を主催しようとおもったきっかけ、ふと頭にうかんだので記載しておきます。

座間宮さんの講座をうけて、素晴らしいなあとおもったのは、
最初の一歩を踏み出しやすいよう、
目線を会わせてとってもとってもハードルを低くしてくれていること。

講座の内容が難しそうなだけに、
なかなか最初の一歩を踏み出すのはちょっと勇気がいりました。
(子連れでドキドキ、開催会場にいったところ、そこには二人しかいませんでした!キャーなんてところにきてしまったのだろう。。
たまたまそんな会だったみたいですが!)

最初のいっぽ。
今日からすぐにできること。

気づくのに30年以上かかりましたが(泣)どうやらほんとうにこれが大事なよう、
最初の一歩があれば、大きな成果に繋がるということ、
ということに、ようやく、ようやく気づいたのです。遅・・
(これはまた別の話で)

そんな中、私にとって「政治、選挙」というハードルはまだ高いまま。
なんなら、知ったかぶって波にのっていれば素通りできるんではないか。。。いや、
この社会で生きている以上、そんなことはないのではなかろうか云々。。

しかし。
直接お会いして、お話を聞いて。
ハードルどんどんと下がって、政治や社会のこと、
とても身近なものだと考えるようになりました

そして、目線をあわせて、人の気持ちにたって考えること。

自分ができるようになると、いつのまにか最初の気持ちをわすれてしまって
私しってるんだもん、もうあんたとはちがうんだよん、という
無意識の気持ちがどこかであらわれるような気がするのです。
これは、娘と一緒に生活をしていて教えてもらったことでもあります。

座間宮さんは、新聞講座はじめ、ほかの選挙の講座も
あれ?こんなんだっけ?と思うほどハードルを低くしてくれています。

とはいえ、まだまだ私も超初心者です。
講座を受けていただける方と一緒に、階段を上っていくことができて、
普段の生活でそういったお話ができれば(できれば子供ちゃんもさんかしながら)
と思うのです。

こんなことをふと考えて、「ハードルを低く、目線を合わせて」というのは
まだまだ私の課題だなあという心に引っ掛かったのかもしれません。
今回主催しようとおもったきっかけでした。

新聞の読み方講座。
ちょっと抵抗あるなーっていう方も、(でも知っておいた方がいいんではないかと思っている方も)
知らなくてもいいんじゃないかと思う方も、
新聞なんてもう読んでるしね、読み方なんてどうだっていいじゃん~
という方も、
一度来てみませんか?